抗がん剤の副作用は軽減できる

ドクター

精神を維持するポイント

一度がんになってしまったら、どんなに元気な方でもうつや適応障害といった精神病を患ってしまう方が多いです。しかし、精神病にかかってしまってはせっかく助かった命が勿体無いので、自分を褒めてあげることが大切といえるでしょう。

がんになった時の心構え

ショックを押さえるコツ

がんによっては触るだけで分かるものがあります。それで、乳がんや甲状腺のがんと決めつけてしまたら精神的に病んでしまうので、病院で検査を受けることが大切です。また、一人で行くのが怖いなら信頼のおける人と一緒に行くといいでしょう。

間違いの可能性もある

会社によっては年に一度、健康診断をするところがあります。そこで、がんと診断されたという方も少なくありません。そして、がんと診断されてしまったのなら、ただちに会社に連絡を入れて専門病院で再診してもらうべきです。ものによっては間違いの可能性もあるので、専門病院へ行きましょう。

手術の不安を払拭

がんになって一番ネガティブになってしまうのが、手術をする時といえるでしょう。しかし、弱気になっていては治るものも治らないので、自分は大丈夫と心の中で唱えるといいかもしれません。そうすることによって、恐怖が薄れ病気と闘うことができるでしょう。

退院してからの過ごし方

がんの手術が終わってからはまだ体が弱っている場合があります。ですので、無理に動くのではなく体にいいサプリメントを摂取して免疫力を向上させるといいでしょう。そうすることによって、体力が回復してくることもあります。

社会復帰するには

前の職場に戻る場合は、特に同僚や上司の方が気を使ってくれることでしょう。しかし、そうしたことが精神的にストレスになることもあり得ます。ですので、極力依然と変わらないような対応をしてもらえるように言っておくとベストです。

がんは治せる時代

ドクターとナース

体にメスを入れる方法

がんを治す方法として一般的なのが、原因になっている部分を切開し体内から取り除くというものがあります。しかし、そうすると体への負担がかかり、場合によっては後遺症や抗がん剤の副作用が酷くなってしまう恐れがあるので、軽減できるサプリを服用するといいでしょう。

レーザーで一撃

現代ではがん治療の代表格として、レーザー治療があります。こちらはレーザーを癌細胞に当てるだけでがんを消滅させる効果があるので、基本的に人体に影響はありません。しかし、稀に抗がん剤の副作用の症状を引き起こす方がいるので、軽減できるように医師に相談しつつ、サプリを摂取するといいでしょう。

免疫力をアップする方法

今ではがんになる前に免疫細胞を活性化させて病気を寄せ付けない体づくりを行なう方法が登場しています。ですので、抗がん剤の副作用を軽減させる必要もなく、体に負担をかけることもないので、こちらを取り入れてみるといいでしょう。

新時代の常識

カウンセリング

時期によって症状が異なる

がんになってしまったら、副作用などの症状に襲われ、日にちが経つごとに耐え難い症状が出てくることでしょう。しかし、質のいいサプリメントを飲むことによって、解消することができるので、摂取するといいかもしれません。

READ MORE
ドクターとナース

治療で完治できる

以前ではがんは死ぬ病気とされていましたが、正しい治療をすることで元のように健康体に戻ることができるでしょう。また、体に負担のかからない治療方法も開発されてきているので、そちらを試すといいかもしれません。

READ MORE

眩暈が増える

がんの手術をする際は大量に出血することが予測されています。そうなってしまうと、貧血のように頭がクラクラしてしまうことがあるので、貧血対策も同時にできるサプリメントを体内に取り入れるといいでしょう。そうすれば、退院後も早く以前のような暮らしがでるようになります。

広告募集中